Crash Report
・We have received crash report when opening image data on OS 10.9. We have done fixing bug. but now iTunes App Center is unavailable until December 28. so please wait, sorry for inconvenience.

Relief to 3DPrinter is software which generate 3D data for 3DPrinter. You can generate relief shaped 3D data from image (jpeg, bmp, png), or mouse painting.
クラッシュレポート
・OS10.9でイメージデータを開くときにソフトがクラッシュする問題ですが、バグフィックスは終了しましたが、iTuneのアプリセンターが12月28日まで休みのため、それ以降のアップデートとなります。ご不便をおかけしております。今暫くお待ちください。

Relief to 3DPrinterは、jpegやbmp画像、マウスドローイングから3Dプリンタ用のデータを生成するソフトです。画像を読み込む、もしくはその場でマウスドローイングをすると、その輝度情報をレリーフ状の3Dデータに変換します。
..
Use Case / 使用例
for Scientific use
It's useful for making object of surfaces of molecules. You can print 3D object of an matrix of atoms from microscopic image of molecules. Actually, This software is used in a Japanese University.
科学分野での利用
分子の表面を測定して得られた画像データから3Dデータを作成し、3Dプリンタで出力して眺める事ができます。ある大学の研究所でも実際に利用され、研究の手助けをしています。


for Designing use
You can make stamps from logotypes and drawings easily. Or cookie stamps, molds, and so on.
デザイン分野での利用
デザインされたロゴタイプやイラストから、簡単にスタンプを作成する事が出来ます。あるいはクッキーの型など、アイデア次第でいろいろな利用方法が可能です。




How to generate 3D data  / 使い方
[from image data...  画像データを使う場合]
1. Click "Open Image" button and select image data. [jpeg, bmp, png]
Open Imageボタンをクリックし、画像データ(jpeg, bmp, png)を選択する。
2. Adjust "base height", "range of surface height" and "XY size".
3Dデータのベースの高さ、表面の凹凸の高さ、XY方向のサイズを調節します。
3. Click "Export 3D data" button to save 3D data for 3DPrinter.
Export 3D data ボタンを押してデータの保存をします。


[from mouse painting...  マウスペインティングを使う場合]
1. Open "Drawing Panel" from Window menu. click and drag black rectangle area to draw.
WindowメニューからDrawing Panelを開く。パネルの黒い四角のエリアをクリック&ドラッグして描く。
2. Adjust "base height", "range of surface height" and "XY size".
3Dデータのベースの高さ、表面の凹凸の高さ、XY方向のサイズを調節します。
3. Click "Export 3D data" button to save 3D data for 3DPrinter.
Export 3D data ボタンを押してデータの保存をします。


Slider for 3D data modification  / 3Dデータの調整
"Base Height"
increase / decrease the base height. from 2mm to 30mm.
土台の厚みを調節します。2mm〜30mmまで。
"Mapping Range"
increase / decrease the range of surface height. from 3mm to 50mm.
表面の凹凸のレンジを調節します。3mm〜50mmまで。
"XY Size"
increase / decrease the XY size of 3D data. from 25mm to 200mm.
3DデータのXYサイズを変更します。25mm〜200mmまで。
"Smoothing"
increase / decrease the smoothness. for noise reduction.
データの滑らかさを調節します。ノイズを減らし滑らかな形が得られます。
menu  / メニュー
"Color"
[red, green, blue... etc]

Change displayed 3D object's color.
表示されている3Dオブジェクトの色を変更します。
"View"
[show axis]

ON/OFF XYZ axis.
表示されているXYZ軸の表示、非表示を切り替えます。
[show specular]
ON/OFF Lighting.
ライティングのON, OFFを切り替えます。
[invert back color]
Change background color to White or Black.
背景の色を白もしくは黒に切り替えます。
[fullscreen]
ON/OFF fullscreen mode.
フルスクリーン表示のON/OFFを切り替えます。
"Object"
[invert height]

Invert height of surface.
オブジェクトの表面の高さを反転します。
[Change to inch / mm]
Change unit length to mm or inch.
長さの単位をミリもしくはインチに切り替えます。
"Window"
[drawing panel]

Open drawing panel.
マウスペイント用ウインドウを開きます。
2013 KEISUKE WATANABE all right reserved. .........
contact : wtnbks@overflowy.info .........